カンボジアでの仕事事情とは


カンボジアといえば世界遺産のアンコールワットが有名です。
世界中から人が集まり、アジアでも有数の観光名所です。

そんなカンボジアでは日本人に対する求人も多く、旅行代理店やホテルの従業員の募集をよく見かけます。
カンボジアで働くときに注意しておきたいことはいくつかあります。

まずは日本との気候の違いです。
熱帯モンスーン気候で雨季と乾季に分かれ、平均気温が27℃、雨季は洪水、乾季は昼と夜との温度差で悩みの多い国です。
水道水は硬水で軟水に慣れている日本人では馴染むまで時間がかかるかもしれません。
車が普及してきていて、プノンペンでは主な交通手段になっています。
交通ルールが日本のように整理されていないため、新車よりも中古車を購入したほうがいいかもしれません。
安く手に入るため車は確保しておきたいところです。

カンボジアで働こうと考えている人は生活環境に馴染む努力も必要です。
日本人会に参加すれば、カンボジアで生活している日本人に会えますし、現地の人とも交流を深めることができておすすめです。

カンボジアで仕事をする

カンボジアで仕事をする為に知っておきたい情報をお届けいたします。

新着情報

コメントは受け付けていません。